ホーム(卒業生の一言 移動) > ブログ > 先天性心疾患はビタミンB12で防げる!
サプリメント関連ニュース
2007/05/21

先天性心疾患はビタミンB12で防げる!

ブログ

「先天性心疾患の多くは、母親が受胎期及び妊娠期にビタミンB12を充分に摂取していなかったことが原因である」と、オランダの研究グループが報じた。
今日、世界中で年間100万人以上の新生児が、他の疾患や新生児死亡の一因ともなる先天性心疾患を抱えて生まれてくる。さて、今回の主役であるビタミン B12には、心臓病や先天異常のリスクを高める危険因子「ホモシステイン」の血中濃度を抑制するという大切な働きがある。ただ、ビタミンB12は日常的な食卓に登場する乳製品や卵、肉、魚のそれぞれに含まれているので、殆どの人はわざわざサプリメントで補助摂取する必要が無い。
謎が多いとされる先天性心疾患の原因となる環境的及び遺伝因子的な要素を解明するために、オランダで長期に亘って継続されているその研究では、先天性心疾患の子供の母親およそ200名と、心疾患ではない子供の母親およそ200名の、日頃の食生活に於けるビタミンB摂取状況に関する調査が行なわれた。その結果、ビタミンB12の摂取量が推奨値を下回っている女性は血中ホモシステイン値が上昇傾向にあり、先天性心疾患の子供を出産する確率も高まることが確認されたのである。特に、被験者全体の中でビタミンB12の摂取量が最も少なかった女性たちから心疾患の子供が産まれる確率は、実に二倍以上に跳ね上がった。
この結果を受け、菜食主義者や完全菜食主義者、更には食品アレルギー等の理由によってビタミンB12を豊富に含む上記のような食品を摂取出来ない女性が妊娠を計画する際には、一日に2-3mcgのビタミンB12をサプリメントや他の食品(例えば海苔やテンペなど)で補助摂取する必要があると、研究者たちは警告している。

Take Sufficient Vitamin B12 When Planning for a Pregnancy
Many congenital heart defects in babies are preventable if a woman’s diet is not low in vitamin B12 around the time of conception, a new study has demonstrated.
One million children are born with congenital heart defects every year in the world, contributing to infant illness and death. Vitamin B12 is well known for its function, keeping levels of homocysteine -a substance that raises the risk of heart disease and birth defects- in the body low. Most people do not need to use vitamin B12 supplements because the vitamin can be easily found in foods of an everyday diet, such as dairy products, eggs, meat, poultry, and fish.
The ongoing Dutch study examined the dietary intake of B vitamins among approximately 200 mothers of children with congenital heart defects, and also about 200 mothers of children without the defects, to identify environmental and genetic factors in the development of heart defects. The researchers found that women with low B12 levels tend to have higher levels of homocysteine and an increased risk of having children with congenital heart defects. Notably, the risk increased twofold in those with the lowest vitamin B12 intake.
The researchers suggest that vegetarians, vegans, and women who cannot consume a diet rich in vitamin B12 for various reasons should take 2 to 3 mcg of the vitamin per day from supplements and/or some specific foods like seaweed and tempeh when planning for a pregnancy.

REFERENCES
Anna C. Verkleij-Hagoort, and others. (Dec. 2006). Dietary intake of B-vitamins in mothers born a child with a congenital heart defect. Springer Link, Retrieved Apr. 4, 2007, Fromhttp://www.springerlink.com/content/2210t247268r847j

伊藤正男・井村裕夫・高久史麿 『医学書院 医学大辞典』 東京:医学書院, 2003年.