ホーム(卒業生の一言 移動) > ブログ > 血栓予防となる「バランスの良い食生活」とは?
サプリメント関連ニュース
2007/05/21

血栓予防となる「バランスの良い食生活」とは?

ブログ

この度、米国心臓学会(AHA)は、静脈血栓症の罹病率を軽減するための食事内容を提言した。
血栓は心筋梗塞や脳卒中など他の合併症へと繋がる危険性が高く、今日最も恐れられる疾病の一つである。加えて、初期の段階に於いて患者に自覚症状が無く、兆候に気付かないケースが多いという点も、怖い病気として知られる理由であろう。
この静脈血栓と食事の因果関係を探るため、AHAは45歳から64歳までの実に1万5千人以上を平均で12.5年以上調査した。その結果、日頃から果物や野菜を多く食べている人ほど静脈血栓にならない傾向があることが分かった。更には、一日に1品以上の魚料理を食べることも血栓を予防することが判明した。また反対に、一日に1.5品以上の赤身肉或いは食肉加工品を食べると、罹病率がおよそ2倍になることが確認されたのである。
健康的な血行を維持するためには、多めの植物性食品と魚料理、そして少なめの肉料理が食卓に並ぶ食生活が理想であると、AHAは結んでいる。

Following a Healthy Diet Prevents Blood Clots
The American Heart Association (AHA) has recently publicized that eating specific foods affects the risk of venous thrombosis.
A thrombus, which can lead to heart attack, stroke, and other complications, is one of the most serious diseases today. However, most patients do not know they have it in the early stages where it generally does not cause any symptoms.
The current study monitored more than 15,000 adults aged 45 to 64 for an average of 12.5 years to investigate the association between diet and venous thrombosis. The researchers found that the more people ate fruits and vegetables, the less likely they were to have thrombi in the veins. Moreover, it was also protective to eat one or more servings of fish a day. On the other hand, eating 1.5 or more servings of red or processed meats a day doubled the risk.
The AHA has concluded that a diet consisted of plentiful plant food and fish and little meat protect the circulation.

REFERENCES
Steffen LM, and others. (Jan. 2007). Greater fish, fruit, and vegetable intakes are related to lower incidence of venous thromboembolism: the Longitudinal Investigation of Thromboembolism Etiology. PubMed – A service of the National Library of Medicine and the National Institutes of Health, Retrieved Apr. 4, 2007, From http://www.ncbi.nlm.nih.gov/entrez/query.fcgi?cmd=Retrieve&db=PubMed&list_uids=17179018&dopt=Abstract

伊藤正男・井村裕夫・高久史麿 『医学書院 医学大辞典』 東京:医学書院, 2003年.