ホーム(卒業生の一言 移動) > ブログ > 米国女性の死亡原因トップとは?
サプリメント関連ニュース
2007/06/13

米国女性の死亡原因トップとは?

ブログ

米国国立衛生研究所によると、今日の米国に於いて、心臓病は男性だけではなく女性全体でも死亡原因の第一位であるらしい。
心臓病に関しては、「女性の多くが自分とは関係無いと誤解している疾病」であると、大勢の専門家が指摘している。それというのも、心臓が原因となる身体の異変を、女性の場合は胃や他の器官が原因であると捉えるケースが多いのだ。これは症状に男女差が起こり得るためであり、例えば心筋梗塞にしても、女性は男性と違って胸の痛みを伴わない症状が少なくない。また急性の冠状動脈性心臓病によって死亡した女性のうち、それまで全く自覚症状がなかった者は全体の64%にも上っているのだ。
そして米国は今日、脳卒中を含む心臓病が女性の死亡原因のおよそ4割を占めるという現実に直面している。驚くことに、これは癌(全ての種類を含む)による死亡者数をも凌ぐ人数である。実に3人に1人の成人女性が心臓血管病に大別される疾病を患っており、その心臓血管病は1分毎に1人の、年間で50万人もの米国女性の命を奪っているのだ。
この現状を打破するため、米国心臓病協会主催のキャンペーン の一環として行なわれている、オンラインシステムによる心臓病のリスクに関する自己診断サービスの利用を、先述の専門家たちは全米の女性に呼び掛けている。

Today’s American Biggest Killer of Women
Heart disease is not only the biggest killer of men, but it is now also of women in the U.S., the National Institutes of Health (NIH) announced.
Many experts point out that too many women in the country believe heart disease is not going to affect them. In fact, women easily mistake heart problems for stomach or other problems. The heart attacks women experience are often not accompanied by chest pains unlike those of men. Moreover, 64% of all U.S. women who died suddenly of coronary heart disease had had no previous symptoms.
And today in the country, according to the NIH, about 40% of women who die are struck by heart disease or stroke. The number is greater than the number of women who die from all forms of cancers combined. About one third of all female adults suffer from some form of cardiovascular disease, which kills one U.S. woman per minute, nearly half a million per year.
The experts highly endorse an online self-help survey offered by the American Heart Association’s Go Red for Women campaign to evaluate their risk of heart disease.

REFERENCES
Jon D. (Apr. 2007). A study released by the National Institutes of Health finds that heart disease is the number one cause of death for American women. DogFlu.Ca – Dog Health and Human Health Information, Retrieved Apr. 19, 2007, From http://www.dogflu.ca
伊藤正男・井村裕夫・高久史麿 『医学書院 医学大辞典』 東京:医学書院, 2003年.