ホーム > ブログ > NO.37 【自覚症状がないのに血圧の薬(降圧剤)を飲んでいませんか?】
サプリメントアドバイザー最前線
2015/10/28

NO.37 【自覚症状がないのに血圧の薬(降圧剤)を飲んでいませんか?】

ブログ

年齢を重ねて行くと「血圧が高いから薬を飲んでます~」と言う方が増えます。

 

ほとんどの方は、お医者様から血圧が高めなのでお薬出しましょう、と言われて飲まれています。

自覚症状はほとんどないと言う方が多いですね。

 

自覚症状がないのに、数値が少し上がったからと言って、血圧のお薬を飲まないとダメなのでしょうか?

下げないと、脳梗塞や脳出血など、脳血管疾患に陥るのでしょうか?

 

1987年の旧厚生省の基準では、180未満/100未満でした。

それが1999年に160/95になり、2004年には140/90に引き下げられてしまいました。

日本高血圧学会の正常値は129/84までとしています。

 

高血圧性疾患には年間2兆円近い医療費が使われ、そのうち約9000億円を薬代が占めています。

少し基準値が下がるだけで、どんどん高血圧の薬が売れているということになります。

 

血圧というのは、血液が血管壁に及ぼす側圧のことで、圧をかけて血液を押し出して流しているということです。

血圧が上がるのには訳があるのです。

加齢とともに血管の弾力性がなくなり、心臓が体中に血液を送るために圧を上げます。

 

またドロドロしている血液を流すために血圧を上げます。

これらは、生きて行く上での体の正常な働きなのです。

 

高くしないと血液が末梢まで行きわたらないからなのです。

それを低くしてしまえばどうなるのか・・・。

血流が低下してしまいます。

 

血流が低下すれば免疫力も下がり、癌などの病気へのリスクが高くなります。

また、流れが悪くなるので詰りやすくもなります。

 

最高血圧180以上のグループの生存率が最も高く、逆に140を切る高齢者の生存率は、非常に低くなったと言う海外のデータがあります。

 

血圧が高くなり、めまいや頭痛、動悸などがある場合は薬も必要かもしれません。

ですが、何の自覚症状もない場合は、基準値より上であるだけで、薬を安易に服用することは良いのでしょうか?

副作用のリスクの方が高まるとも考えられるのです。

 

降圧剤が合わずに7回も薬を変えた。

で、今の薬に落ち着きはしたものの、身体がだるくて気力がない状態になったと言われる方がおられました。

その方が降圧剤を飲むようになった時の血圧の上は、140少しだったそうです。

何の自覚症状もないのに薬を服用して、かえって体調が悪くなったと言う例です。

 

お年寄りに白内障や緑内障などの目の病気が多いのは、血流が不足するためです。

目の病気を持つお年寄りは、血圧のお薬を飲まれている場合が非常に多いのだそうです。

 

血液には酸素を運搬したり、出血を止めたり、病原体をやっつけてくれたりする働きがあります。

血液の流れが低下することで、体調自体が悪くなったり、代謝が低下して太りやすくなったり、お肌がかさついたり、老化のスピードが速くなることもあります。

 

お薬にはかならず副作用が伴います。

そして根本を治すことはありません。

 

血圧が高くなれば、体が血液を流そうとがんばってくれているわけですから、それを薬で無理に下げるのではなく、自らがサポートしてあげるべきです。

適度な運動で血流を良くしたり、サラサラ血液になるような食事にするなど、体に合わせて後押しをする生活をしていけば、薬に頼ることは少なくなるはずです。

 

血圧の薬が、寝たきり老人を増加させている可能性、脳梗塞を増加させる可能性、ガンを増加させる可能性に大きく関係していると言われています。

世界一お薬好きな日本人は、2011年の国民健康・栄養調査によりますと、日本の成人のうち4人に1人が降圧剤を飲んでいるということです。

驚く数字ですね~。

薬を飲むことで、病気が悪くなり、また違う薬をもらってさらに別の病気になり、さらに薬が増えて行き、やがて免疫力が低下していく・・・と言った悪循環に陥っているのかもしれません。