ホーム > ブログ > NO.67 現状を冷静に受け入れられるかどうかがすべての分かれ道
サプリメントアドバイザー最前線
2018/04/30

NO.67 現状を冷静に受け入れられるかどうかがすべての分かれ道

ブログ

ジャニーズのTOKIOの山口さんの事件が話題を呼んでいます。
色々な憶測が飛んでいる中、彼がメンバー間格差に不満を抱いていたと言う内容の記事がありました。本当かどうかはわかりませんが、それが原因でお酒におぼれていったとか・・・

私たちは誰でも、他人とすぐ比較してしまう癖があります。
それはすべて悪いことではなく、やる気になったりがんばる原動力にもなります。
ですが比較によって劣等感が強くなれば、自分を否定し、傷つけ、何かに逃げ道を探してしまう可能性が高くなります。

たとえば、失敗や不運な出来事があれば、何故自分がこんな目に合わないといけないのか、あの時こうしておけば良かった、何故あんな選択をしたのか、この先はどうなるのか・・・と、後悔や未来の心配ばかりで心が病んでしまいます。

人生、自分にとってプラスな出来事ばかり起きれば、それは非常にうれしいことですよね。
でもそんな人はほとんどいません。色々な出来事を乗り越えて、今を生きている人ばかりです。

じゃあ、乗り越えられた人とそうでない人の差はどこにあるのでしょうか?

それは、現状をまずきちんと受け入れられるかどうかにかかっているように思います。
誰かを羨んだり、何かのせいにしたり、後悔したり、未来の不安ばかりが気になったり・・・
それは、すべて現状をきちんと受け入れられないから起こる行動です。
現状を受け入れられなければ、次に進むことはできません。何かのせいにしたり、自分を否定したり、後悔することは、現状に目をそらして、進むことを拒否してしまっていることになります。

失敗しても、誰かより劣っていても、病気になっても、まずは今のその状態をしっかり感じないといけないのではないでしょうか?
今の状態が最悪だとしても、ずっとそれば続くわけではありません。そこから脱して幸運を手に入れるためには、まず現状を受け入れ、そこからどうすれば自分の力が最大限に発揮できることができるのかを考える必要があります。
逃げていては、望まない現状が続くだけです。

現状を受け入れることは、場合によってはつらく苦しいことかもしれません。

ですが、そこから脱することができるのは自分しかいません。どんな人の手助けがあったとしても、最終的には自分が脱しようとするかどうかしか道はありません。

今の自分は不幸だと思いますか?
不幸だと思う人は誰かと比べていませんか?

まずは、否定やできないことを探すのではなく、自分ができることを探して下さい。たくさんあるはずです。
歩ける、話せる、食べられる・・・
今の自分に感謝できないと、それ以上に感謝できることに出会わないのかもしれません。

 「ありがとう」と常に言っていると、神様が「ありがとう」が好きなんだと思って、もっと「ありがとう」を言う出来事を起こして下さるそうです。反対に、文句しか言っていないと、文句が好きな人だと思われて文句を言う出来事ばかりが起こるのだとか・・・

良い現状をまず数えてみてください。そして、今起きている自分が望まない出来事もしっかり受け止めます。失敗したことは元には戻せませんから、後悔してもはじまらないわけです。後悔の時間は、自分の体調を崩す原因になるばかりか、次への行動の邪魔になってしまいます。

まずは、今の自分をしっかり見つめることが必要です。
誰かのせいにするのではなく、劣等感を持つのではなく、後悔するのではなく、すべては今の自分に必要だから選択してきた道なのです。

先に進むためには現状を冷静に受け止めて、後悔も先への不安も考えずに、今できることをやるだけです。
起きた出来事を生かせるかどうかを選べるのは、自分だけです。


山田有希子(薬剤師・サプリメントアドバイザー・ナキュア代表)

   薬科大学卒業後、薬剤師や美容アドバイザーなどを経て2001年
   サプリメントショップを開業。個人顧客からメーカー企業まで幅広く
   事業を展開。日本ニュートリション協会会員。