ホーム > ブログ > NO.74  自分の身体は自分が望むようになります!
サプリメントアドバイザー最前線
2019/02/13

NO.74  自分の身体は自分が望むようになります!

ブログ

今年の冬はインフルエンザが猛威をふるっているようですし、花粉量も非常に多いと予想されています。しばらくは嫌な季節が続きますね。

 

さて、人間の身体は本来正常に働くように(健康でいるように)できています。不調や不良が起きるのは、何か間違ったことをしている可能性があると考えた方が良さそうです。

 

私自身は、体調がすぐれないとまずは暖かくして寝る、身体を休めると言う方法をとります。薬はほとんど飲みません。薬が悪いということではなく、薬に頼ってしまうと自分で

治そうとする力が低下するからです。

薬は症状を抑えてはくれますが、根本的に身体を改善してくれません。お仕事がらゆっくり寝ていられない場合もあるでしょう。試験の日に重なることもあるかもしれません。そんな時は薬を利用することも必要だと考えます。

しかし身体を休める時間が取れるなら、身体本来の力をしっかり発揮させる方が、後々

病気になりにくい身体を作ってくれます。

 

体調がすぐれない原因を考えたことはありますか?

食生活や生活習慣(運動不足や睡眠不足など)、ストレス、心の持ち方(これは病気になる非常に多きな原因です)など、自分が健康でいるための何かが合っていないのです。

 

私も若い時は鎮痛剤が離せない時期がありました。頭痛がひどくて、飲まないと普通には

過ごせないので常に鎮痛剤を持ち歩いていました。飲めば楽になるのでついつい飲んでしまいます。鎮痛剤は、痛みを引き起こす体内のプロスタグランジンと呼ばれる成分を減らすことで痛みを抑えます。普通は痛みが起きるとプロスタグランジンが産生されて、痛みを解消するために血管を拡張して血流を促そうとします。なので、このプロスタグランジンを減らしてしまうと、血流障害を起こします。

 

痛みがおさまって薬を飲まなくなると、身体は回復しようと血流を促すためにプロスタグランジンが産生され、また痛みがぶり返します。そしてまた薬を飲むと言った悪循環を繰り返してしまいます。私がまさにこの状態だったのです。何故頭痛を起こしてしまうかと考えもせず、薬に頼っていました。

 

症状がひどくなれば、病院にかかる方も多いとは思いますが、薬は根本的には改善はしてくれません。西洋医学は対症療法を主に考えられていて、身体本来が持つ免疫力や自己治癒力で治そうとはしていないのです。どこかの臓器が悪くなればその臓器のみが注目され、対症療法で治療されます。臓器が悪くなった原因である生活習慣や食生活などを含め、自己免疫力を発揮させるような治療はされません。

 

生活習慣病と言われる病気(高血圧、高脂血症、糖尿病、痛風など)は、基準値にひっかかればすぐに薬が出されます。一度飲み始めると、ずっと飲まれる方が多いと思います。数値が下がっているから治っていると、勘違いされている方もおられます。強制的に数値を下げているだけですが、指標がほしい私たちは、数値内におさまっていれば安心してしまいます。だからずっと飲み続けてしまいます。

間違ってはいけないことは、治ってはいないということです。下がっていれば良いのではなく、薬には必ず副作用があります。すぐに現れない症状でも、別の病気を作りだす可能性が大きくなります。自分で身体と向き合って、間違っていたことを正さなければ本来の健康は取り戻せないのです。

 

身体は買い替えができません。電化製品によくたとえてお話しますが、長年使っていれば、

なんらかの不具合は生じてきます。ですが、毎日きれいに磨いてメンテナンスをしていれば同じ製品でも寿命は数倍も違ってきます。

身体も同じことが言えます。自分の身体の不具合を常に感じ、そうならないように

メンテナンスをしっかりするべきなのです。病気になってから慌てて身体をドクターに身体をまる投げしても、時間もお金もかかり、ストレスが増えて免疫力がさらに低下してしまうだけになります。

 

自分の身体を一番わかっているのは自分自身です。ドクターにまる投げして病気が治るのでしょうか?

 

ドクターに治してもらおうとする人は、依存度が高く自分で自分の身体を何とかしようと言う気持ちが低いと思います。癌などの重い病気から生還されている人のほとんどは、自分の身体は自分が一番よくわかっていると気づき、依存するのではなく自分で改善の方法を調べて行動に移した人です。

 

84歳の「きくち体操」の創始者の菊池先生がTVで、寝たきりにならないよう、ボケないようにしたいなら自分で努力するしかないのよ!と言われていたことが耳に残っています。

何もしなければ筋力も骨量も低下していくでしょうし、生活習慣に気をつけていなければ、

一生薬のお世話になるかもしれません。くよくよ悩んだストレス生活をしていると、血流は低下し健康状態を維持できなくなります。

自分の身体は自分が望むような状態になります。体調がすぐれないと悩む人は、健康でいるために身体のことを考えていますか?身体と向き合っていますか?

 

もしかしたら病気は自分が作っているかもしれませんよ。

 

 

長い間に渡り、メールマガジンを読んでいただき有難うございました。

今回で最後のメールマガジンになります。

 

これからも身体や心と向き合いながら、色々なことを勉強し、挑戦していきたいと考えています。また何らかの機会に、学んだ情報をお伝えできればと思います。

 

ひとつしかない自分の身体を大切に!!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------



山田有希子(薬剤師・サプリメントアドバイザー・ナキュア代表)

   薬科大学卒業後、薬剤師や美容アドバイザーなどを経て2001年
   サプリメントショップを開業。個人顧客からメーカー企業まで幅広く
   事業を展開。日本ニュートリション協会会員。