ホーム > ブログ > 【スピルリナ】スーパーフード〞で市場定着へ 「介護」・「スポーツ」新分野への提案も本格化
サプリメント関連ニュース
2019/09/05

【スピルリナ】スーパーフード〞で市場定着へ 「介護」・「スポーツ」新分野への提案も本格化

ブログ

天然のマルチ栄養素として、「野菜不足解消」「ダイエット時の栄養補給」を
訴求ポイントに、市場を形成してきたスピルリナ。
テレビや雑誌で取り上げられることも多く、さらなる市場拡大が期待される素材だ。
サプリメント・健康食品はもとより、一般食品への配合、レストラン、カフェ、
ラーメン店など飲食店での採用も急増中。昨今では介護(フレイル対策)や
スポーツ分野にスピルリナを提案する動きもみられ、さらなる市場の活性化が
見込まれる。また、スピルリナ抽出物である天然青色色素は、“ミントブーム”
“インスタ映え”を追い風に裾野が拡大。パンやスイーツ、キャラフードなどへの
利用が広がっている。



■サプリからスムージー、麺類まで広がるスピルリナ市場スーパーフードの
王様として知られるスピルリナ。米国では天然の総合栄養食として、セレブや
ハリウッドスターが“スーパーフード”として注目したことを契機に、ブームが再燃した。
国内ではテレビや雑誌などのメディアに取り上げられる機会が増加。
スピルリナを愛用する女性タレントがその魅力を語ったり、名古屋市のラーメン店
「紫陽花」が提供するスピルリナ配合ラーメンが取り上げられたりと、
様々な切り口で紹介され、反響も大きいという。

日本橋三越本店が3 月に開催したイベント「ウェルビーイングディッシュ」では、
スピルリナ使用の多彩な商品が紹介された。加工食品の企画・販売を行う
Carna(カルナ)では、本格熟成手延べ麺に、スピルリナのパウダーを
練り込んだ「スピルリナパスタ」を出展。日ごろ不足しがちな健康・栄養成分を
手軽に摂取できると紹介した。本格江戸前ずし「銀座鮨たじま」では、
寿司酢の代わりにリナブルー®(スピルリナ由来の青)を使った鮮やかな巻き寿司
「アセロラ酢とリナブルーの太巻き」を披露した。

スピルリナ配合商品はCVSルートでも広がりをみせている。
コンビニのローソンは、スピルリナ配合の『グリーンスムージー』を
ナチュラルローソンブランドで販売。2015年発売以来、シリーズ累計売上数
1 憶7,000万個を達成している。スピルリナ市場は、タブレットタイプの健康食品から、
麺類や飲料などの一般食品分野まで裾野が拡大。さらなる飛躍が期待されている。


■介護・スポーツ分野の提案もスピルリナは植物性タンパク質(60~70%)の
含量が多く、細胞壁が薄いため消化吸収に優れていることが特徴。特有成分の
フィコシアニン、ビタミンやミネラル、クロロフィルa、α-リノレン酸や
リノール酸などの脂肪酸、カロテノイド類などが含まれている。
スピルリナの高い栄養価に着目するサプライヤーサイドでは、介護やスポーツ分野への
提案を活発化している。 

DICライフテックでは、高齢者の低栄養(低たんぱく質)やフレイル予防としての
提案を本格化。介護系の展示会等で用途提案をはじめている。サンライフは、
スムージー用途を中心に引き合いが好調。「ここ数年、供給量は前年を上回っている。
スイーツなどの一般食品やサプリメント分野での新規商談も複数進行している」という。
東洋酵素化学では、スピルリナとアスタキサンチンをブレンドした独自の
ミックス原料を展開。今後はロコモ・フレイル訴求での提案を強化していく。
スピルリナ研究所は、「スムージーやドリンクなど各種のスーパーフード市場向け
OEMが伸長している」といい、OEM製品のアフターフォローとしての研修や
情報提供にも注力している。


引用:「健康産業新聞 1667号」より